ホーム各種手続き保険証の再発行が必要なとき

保険証の再発行が必要なとき

保険証をなくしたときや、破損したときは再発行の手続きが必要となります。

保険証をなくしたとき開く

  • ポイント 1

    保険証をなくしたときは、「被保険者証等再交付申請書」を提出してください。

  • ポイント 2

    盗難などの場合は、警察への届出を済ませてください。

必要な書類
被保険者証等再交付申請書

保険証は身分証明書としても使えるので、紛失した場合、他人に悪用されないか心配な方もいらっしゃるかと思います。保険証はクレジットカードとは違うので、JR健保に連絡したことをもって、その効力を止めることはできません。警察への届出だけでは不安な場合は、JR健保にご相談ください。

保険証裏面の住所記入欄の余白がなくなったとき開く

  • ポイント 1

    住所が変わったときは、保険証裏面の住所記入欄に新しい住所を記入してください。

  • ポイント 2

    何回か住所が変わり、保険証裏面の住所記入欄に余白がなくなった場合は、

    • 平成26年10月以前の様式→保険証の再発行が必要になります。
    • 平成26年11月以降の様式→「住所記入用シール」を貼付して、住所を記入してください。住所記入用シール貼付による対応が困難な場合は、保険証の再発行が必要になります。
  • 「住所記入用シール」の貼付を希望される方は、各会社の健保担当窓口にお問い合わせください。なお、任意継続被保険者の方は直接健保事務センター(NTT 03-5334-1028、JR 058-2911 10:00~17:00 土・日・祝祭日・年末年始を除く)までお問い合わせください。
必要な書類
被保険者証等再交付申請書
住所記入欄の余白がなくなった保険証の両面の写し

保険証の再交付に該当する事項として、以下のケースがあげられます。

  • (1)
    保険証が折れてしまった場合
  • (2)
    保険証の券面に印刷されている字がかすれる等して読めなくなってしまった場合

このような場合も、被保険者証等再交付申請書と、該当する保険証の写しを提出してください。この場合、申請書の再交付理由(7)は「1:き損」を記入してください。