ホーム健康保険についてジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品は、新薬の特許が切れたあとに、同じ有効成分でつくられる薬です。
お薬代(医療費)が節約されるだけでなく、患者さんや医療者の要望を受け「より飲みやすく、使いやすく」改良をしている点も注目されています。
また、一般医薬品を上手に取り入れれば、さらに医療費を節約することができるんです。

医薬品の分類について開く

医療用医薬品
  • 先発医薬品※1
  • ジェネリック医薬品※2
医師の処方箋が必要となる医薬品
一般医薬品 薬局などで市販されている医薬品
  • ※1
    新薬とも呼ばれ、最初に開発・承認・発売された従来なかった薬効成分を持つ医薬品
  • ※2
    新薬の特許満了後。厚生労働省の承認のもと、他の医薬品メーカーから発売される同一成分で同じ効果のある薬
医薬品の分類:医療用医薬品(先発医薬品(新薬)、後発医薬品(ジェネリック医薬品))、要指導医薬品(アレルギー治療薬、劇薬、むくみ改善薬など)、一般医薬品(第1類医薬品(胃腸剤(H2ブロッカー)、ニコチン貼付剤、一部の育毛剤)、第2類医薬品(主な風邪薬、解熱鎮痛剤など)、第3類医薬品(整腸剤、ビタミン剤など))

ジェネリック医薬品と新薬について開く

ジェネリック医薬品は以下の3つのポイントがあります。

  • ポイント 1

    安全

    有効成分の種類や量は先発医薬品と同じため、有効性や安全性も基本的に違いはありません。

  • ポイント 2

    工夫

    より飲みやすく、使いやすくなるように、添加剤の改良をしています。

    • 異なる添加剤であっても、安全性が確認されたものだけを使用しているので安心です。
  • ポイント 3

    安価

    お値段が安くなっています。

    • 一部先発医薬品と同額または高くなる場合があります。

同じもの

  • 有効成分の種類や量
  • 用法や用量
  • 効果や効能

改良されているもの

  • 甘みをつけて苦味を少なく
  • 大きく飲みづらい薬を口の中で溶けやすいタイプの錠剤に
  • 体に貼るタイプの薬で長時間効果が続くように
先発医薬品(新薬)とジェネリック医薬品は薬の成分や効果が同じ、先発医薬品(新薬)の方が薬の値段が高い。ジェネリック医薬品の方が薬の値段が安い。

ジェネリック医薬品の安さの理由開く

安さの理由は開発・研究費にあります。先発薬は開発費等に多大な費用がかかっていますが、ジェネリック医薬品は開発費用が少ないため、安い値段で使用することができます。以下は一例です。

薬の種類 新薬 ジェネリック医薬品
咳止め 24.9円/g 9.1円/g
胃腸薬 43.9円/錠 11.0円/錠
花粉症 146.0円/g 30.3円/g
  • 薬の種類によっては、値段が変わらなかったり、高くなる場合があります。

ジェネリック医薬品に切り替えるには開く

切り替えるためには、医師または調剤薬局の薬剤師へご相談ください。
なお、処方されているお薬のジェネリック医薬品がない場合は、変更できないこともあります。
詳しくは、以下のサイトでご自身のお薬をチェックしてみましょう。

JR健保のジェネリック事情開く

ジェネリック医薬品の使用率が上がればメリットが!

  • JR健保の医療費が下がる
  • 将来的な保険料の引き上げに歯止めがかかる

当健保のジェネリック医薬品の使用割合

平成27年10月診療月後発医薬品の使用割合は62.51%でした。平成25年4月に厚生労働省より示された目標値は、平成30年3月末までに60%以上とされました。さらに、平成27年5月には、令和2年度末までに80%という目標値も示されています。

JR健保ジェネリック医薬品の使用割合(数量ベース)
参考:平成27年6月「JR健保の実績」

一見無料だけど、見直してみませんか?

子どもの医療費は、各自治体が個別に発行している「乳幼児医療証(※)」により、自己負担がないため、無料と思われがちですが、無料ではありません。「乳幼児医療証」は、本人が健康保険に加入していないと発行されません。

健康保険があるため2割負担で受診ができ、さらに「乳幼児医療証」があることで、自己負担分の全部または一部をサポートしてもらえるのです。まずは、ご自身のお子さまがジェネリック医薬品を使用しているかを、確認することから始めませんか?

  • お住まいの市区町村によって、名称や対象とされる年齢や条件が異なります。