お問い合わせはこちら

ホーム健康づくり特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保健指導

JR健保では、定期的にご自身の健康状態をチェックし、健康の維持増進に役立てていただくことを目的に、加入者の皆様に各種健診、保健指導のご案内を行っております。

「特定健診・特定保健指導」は、従来の「病気の早期発見・早期治療」から「病気になる前にまず予防」へと発想を大きく変えた健診と生活改善の保健指導です。
内臓脂肪の蓄積に加え、高血圧・高血糖・脂質代謝異常が起きている病態(メタボリックシンドローム)の人は、日本人の死因で上位の心疾患や脳血管疾患等の生活習慣病を起こしやすいとされています。
特定健診によってメタボリックシンドロームの進行具合を確認し、必要に応じて特定保健指導を受け、生活習慣を改善することで、生活習慣病を未然に防ごうというものです。
これを受け平成20年度から「特定健診・特定保健指導」の実施が法律で健保組合に義務づけられました。JR健保では平成30年度から第三期実施計画に沿って実施しています。(特定健康診査等実施計画:第三期)PDFを開く

特定健診開く

日本人の死因の約6割を占める生活習慣病の予防のために、40~74歳を対象にメタボリックシンドロームに着目した健診を行います。(厚生労働省ホームページより抜粋)

対象者

年度末年齢40歳以上の加入者の方全員

受診方法

被保険者

お勤めの会社の定期健診又は人間ドック

被扶養配偶者・任意継続被保険者

人間ドック(※)、ご家族向け特定健診・ご家族向け特定健診(乳がん・子宮頸がん検診付)又は自治体健診

  • 被扶養配偶者の方は、年度末年齢35歳以上3歳毎の年齢に該当する方(35歳、38歳、41歳…)が対象です。ただし、所属会社(事業主)により異なる場合があります。
その他の被扶養者

ご家族向け特定健診・ご家族向け特定健診(乳がん・子宮頸がん検診付)又は自治体健診

検査内容

検査項目 内容 / 分かること
問診 自覚症状や病歴、生活習慣についてうかがい、健康状態を判断します。
身体測定 身長・体重・腹囲を測り、肥満度を測ります。
診察 視診・聴診・触診などを行い、からだの状態を外側から探ります。
尿検査 尿に含まれる糖やたん白などの量から、病気の有無を調べます。
腎臓や膀胱などの病気や異常を発見する手がかりとなります。
血液検査 腕から採血し、成分の形・量などを分析し、数十種類の検査を行います。
糖尿病・脂質異常症・貧血・腎臓疾患などを調べます。
血圧測定 高血圧の場合は、動脈硬化など生活習慣病の原因となります。
  • 医師の判断により、その他の項目を実施することがあります。

特定保健指導開く

人間ドックや特定健診の結果から、メタボリックシンドロームの予防・改善、そして脳血管疾患や心疾患といった重大な疾病の予防のため、生活習慣改善の必要があると考えられる方に、特定保健指導のご案内をします。
特定保健指導では、保健師や管理栄養士といった専門スタッフと相談して、生活習慣改善に向けてご自身が実現可能な目標を設定し、面談や電話・メール等でアドバイスを受けながら約3~6か月間取り組みます。
実際に取り組んでみて目標に無理があるのであれば、専門スタッフと相談のうえ、解決を図っていきます。特定保健指導は無料で受けられますので、対象となった方はご参加ください。

対象者

特定健診の結果、生活習慣改善の必要があると考えられる方

自己負担額

無料

参加方法

被保険者

会社から対象者へ特定保健指導のご案内をします。会社の健康管理部門又は会社と健保の共同委託先が実施します。また、一部の医療機関では人間ドックの受診後、特定保健指導のご案内があります。

被扶養配偶者・任意継続被保険者

健保の委託先(※)から対象者へ特定保健指導のご案内をします。また、一部の医療機関では人間ドックの受診後、医療機関から特定保健指導のご案内があります。

  • 被扶養者・任意継続被保険者の特定保健指導は、㈱ベネフィットワン・ヘルスケア、SOMPOヘルスサポート㈱に業務委託しています。