ホーム健康づくり特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保健指導

JR健保では、定期的にご自身の健康状態をチェックし、健康の維持増進に役立てていただくことを目的に、加入者の皆様に各種健診、保健指導のご案内を行っております。

「特定健診・特定保健指導」は、従来の「病気の早期発見・早期治療」から「病気になる前にまず予防」へと発想を大きく変えた健診と保健指導です。“心疾患や脳血管疾患、高血圧性疾患、糖尿病などの生活習慣病の原因は内臓脂肪の蓄積である”とするメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の考え方を取り入れ、内臓脂肪を減らし生活習慣を改善することで、生活習慣病を未然に防ごうというものです。これを受け平成20年度から「特定健診・特定保健指導」の実施が法律で健保組合に義務づけられました。平成30年度から第三期計画がスタートしています。(特定健康診査等実施計画:第三期)PDFを開く

特定健診開く

対象者

年度末年齢40歳以上の加入者の方全員

受診方法

【被保険者】お勤めの会社の定期健診又は人間ドック
【被扶養配偶者・任意継続被保険者】人間ドック(※)、ご家族向け健診・レディース健診又は自治体健診
  • 年度末年齢35歳以上3歳刻みの方が対象です。ただし、所属会社により異なる場合があります。
【その他の被扶養者】ご家族向け健診・レディース健診又は自治体健診

検査内容

検査項目 内容 / 分かること
問診 自覚症状や病歴、生活習慣についての問診 / 生活習慣など
身体測定 身長・体重・腹囲等、肥満度の測定 / 肥満度
診察 視診・聴診・触診など / 全体的な健康状態
尿検査 尿糖・尿たん白 / 糖尿病や腎臓や膀胱の病気など
血液検査 中性脂肪・HDL、LDLコレステロール・AST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GT(γ-GTP)・ヘモグロビンA1cなど / 糖尿病や脂質異常症、肝機能の異常など
血圧測定 血圧の測定 / 高血圧など
  • 医師の判断により、その他の項目を実施することがあります。

特定保健指導開く

人間ドックや特定健診の結果から、メタボリックシンドロームの予防・改善、そして脳卒中や心筋梗塞といった重大な疾病の予防のため、生活習慣改善の必要があると考えられる方に、特定保健指導のご案内をさせていただきます。
特定保健指導では、保健師や管理栄養士といった専門スタッフと相談して、生活習慣改善に向けてご自身が実現可能な目標を設定し、面接や電話・メール等でアドバイスを受けながら約6か月間取り組みます。
実際に取り組んでみて目標に無理があるのであれば、専門スタッフと相談のうえ、解決を図っていきます。特定保健指導は無料で受けられますので、対象となった方はぜひご参加ください。

対象者

特定健診の結果、生活習慣改善の必要があると考えられる方

自己負担額

無料

参加方法

【被保険者】会社から特定保健指導のご案内をさせていただきます。会社の健康管理部門又は会社と健保の共同委託先が実施します。また、一部の医療機関では人間ドックの受診後、特定保健指導のご案内があります。
【被扶養配偶者・任意継続被保険者】健保の委託先(※)から特定保健指導のご案内をさせていただきます。また、一部の医療機関では人間ドックの受診後、医療機関から特定保健指導のご案内があります。
  • 被扶養者・任意継続被保険者の特定保健指導は、㈱ベネフィットワン・ヘルスケア、SOMPOリスケアマネジメント㈱に業務委託しています。