ホーム健康保険についてデータヘルス計画について

データヘルス計画について

「データヘルス計画」とは、健康保険組合等が保有する健診結果と、医療費データ(レセプト)などの情報を活用し、加入者の健康づくりや疾病対策及び病気の重症化予防を効果的・効率的に実施するための事業計画です。

  • ※レセプト:医療機関から健康保険組合などに発行される診療報酬明細書(誰が、いつ、どこの医療機関で、どのような病気の治療をしたのかがわかります)。レセプトや健診データが電子化されたことにより、データ分析が容易になりました。

データヘルス計画の経緯開く

日本では、少子高齢化の進展、平均寿命と健康寿命の延伸、疾病構造の変化などによる国民医療費の増大が進んでいます。そのような中、生活習慣及び社会環境の改善により国民の健康増進を図ることを目的として、「健康日本21」(2000年~)及び「健康日本21(第二次)」(2013年~)が展開されてきました。さらに、2013年6月に閣議決定された「日本再興戦略」では、効果的な予防サービスや健康管理の充実により健やかに生活し老いることができる社会の実現を目指した政策が盛り込まれました。
この政策の決定を受け、「健康寿命の延伸」や「医療費の適正化」を目的として、すべての健康保険組合にデータヘルス計画の策定と実施が義務づけられました。

「第二期データヘルス計画」と「健康増進計画2020」の策定開く

データヘルス計画は、すでに2015年度から3か年の第1期計画を終え、2018年度から6か年の第2期計画がスタートしています。
当健保では、「第二期データヘルス計画」がスタートするにあたり、事業主や加入者の皆様にとって、より分かりやすく、より親しみやすいものにしたいと考え、2020年までの3年間について「ジェイアールグループ健康保険組合 健康増進計画2020」を策定しました。
当健保は、データヘルス計画の実践により、「加入者の健康維持・増進」や「より健康的な職場の実現」及び「医療費の適正化」などを目指しています。

「第二期データヘルス計画」の主な内容開く

※具体的な取組みの内容等は、会社により異なります。

ポピュレーションアプローチ(※)を通じた健康意識・風土づくり

  • My健康ナビ(KenCoM)の推進
  • 広報誌「さわやかけんぽ」等での情報発信等
  • ※ポピュレーションアプローチ:集団全体に対して働きかけ、全体の健康状態を改善する支援方法

疾病の重症化を予防する取組み

  • 血圧・血糖値が高い方々に対する医療機関への受診勧奨等

特定健診・特定保健指導の推進

  • 事業主における取組みへの支援
  • ご家族向け健診の慫慂等

がん検診の推進

  • 人間ドック・レディース健診を通じたがんの早期発見等

データヘルス計画の実施スケジュール開く

年度 実施内容
2013 保健事業実施指針の改定
2014 すべての健康保険組合(JR健保)において「データヘルス計画」の策定
2015~2017 「第一期データヘルス計画」の事業実施(2017年度までの3年間)
2018~2023 「第二期データヘルス計画」の事業実施(2023年度までの6年間)

JR健保では、加入者の皆様の健康増進にこれまで以上に取り組んでまいります。皆様におかれましても、ご自身やご家族の健康増進や重症化予防のため、特定健診・特定保健指導や人間ドックをはじめとする各種保健事業を積極的にご活用ください。

  • ※「第二期データヘルス計画」の詳細は、こちらをご覧ください。
  • ※「ジェイアールグループ健康保険組合 健康増進計画2020」の全文は、こちらをご覧ください。