お問い合わせはこちら

ホームさわやかけんぽ記事一覧中国ジェイアールバスの健康経営 ~健康経営優良法人のご紹介~

中国ジェイアールバスの健康経営 ~健康経営優良法人のご紹介~

公開日:2021/09/02
更新日:2021/09/02

 2021年度の「健康経営優良法人」に認定された中国ジェイアールバスより、自社における健康経営の取り組みについて寄稿していただきました。

中国ジェイアールバスの「健康経営」

 中国ジェイアールバスは、社員一人ひとりの心身の健康こそ最も大切な「財産」であり、「明るく元気よく」活き活きと能力を発揮できることが会社の発展、ひいては従業員自身の幸せにもつながるという考えのもと、2018年4月に『健康経営宣言』を社内外に発信し、会社・労動組合・従業員とその家族が一体となった健康づくりを推進しています。
 これらの取り組みの結果、このたび2年連続で健康経営優良法人に認定していただきました。このことは、これまでの取り組みや方向性が決して間違いでなかったという大きな自信につながる反面、まだまだホワイト500への道のりは遠く、取り組みが道半ばであることを痛感しています。


主な取り組み事項

 コロナ感染症が猛威を振るう中、私たちバス事業はその影響をダイレクトに受け、社員の一時帰休を余儀なくされるなど、これまで経験したことのない厳しい経営環境下にあり、健康経営の推進や生活習慣病の改善といった取り組みも経費面を抑制しながら推進せざるを得ない状況となっております。またこれまで継続して実施していた健康セミナーを中止とするなど社員の健康づくりには厳しい環境が続いています。
 
 そのような状況下にあって、お客様に安心してバスをご利用いただけるよう、まずは社員自らが「コロナにかからない、うつさない」をモットーに、感染症予防対策に重点をおいて取り組んできました。

 従来からの取り組みとして、「安全安心で高品質なバス輸送サービス」を提供するという社会的使命を果たすべく、重大事故へのリスク対応として継続して取り組んできた「脳血管対策」と「心臓疾患・大血管疾患対策」はコロナ禍であってもこれまでと同様に実施いたしました。運転従事者のうち健康診断結果データ等により、『「加齢」「脳血管疾患の家族歴」「高血圧」「過度な飲酒」「喫煙」』などのリスクを点数化し、リスク因子を多く有する者と満50歳以上の運転従事者を対象に、脳血管対策として「脳MRI検診」、心臓疾患・大血管疾患対策として「心臓超音波検査」「マスター負荷心電図」「胸部レントゲン検査」を実施しています。現在では、3年に一度運転従事者が受診する流れが定着しています。
 
 定期健康診断、ストレスチェックは受診率100%、健診結果による再検査・要精密検査の実施率向上を目指し書面や直接勧奨にて促すなど、より社員が健康で安心して働けるよう社員の健康状態のチェックに取り組みました。

ウォーキングイベントの開催

 社員の健康を積極的に増進していく取り組みとして、運動を習慣づけるための独自のウォーキングイベント「めいぷるんカップ」をJR健保の「みんなで歩活」の開催と併せ年2回実施しており昨秋で第8回目を数えます。昨年春は、コロナ禍で中止になりましたが、その後はコロナ感染や熱中症に注意を促しつつ、全社員に慫慂し、イベントを実施しました。
 
 「社員一人ひとりの心身が健康であること」を実現するために、ひとりでも多くの社員にウォーキングイベント「めいぷるんカップ」に参加してもらいたい、そのためには何が足りないのか、何が必要か、そのヒントを求めて社員全員を対象にアンケートを実施しました。その結果「エントリーの仕方がよくわからない」という意見が多く聞かれ、この意見を受けて各支店・営業所にアドバイザーを配置し尋ねやすい環境を作りました。また「インセンティブを増やしてほしい」という意見もあり、継続的な参加をしている人(連続5回以上参加)に対して、インセンティブを用意しました。
 
 また、今回役員チームも登場しました。「役員チームに負けずにがんばろう!」という声も聞かれるようになり、回を重ねるごと盛り上がりを見せており、更に「めいぷるんカップ」への毎回の参加を楽しみにしているという声や、イベントが終了して歩かなくなったら、お腹がでてきたので引き続き歩くことにした、という声も聞かれ継続的な運動習慣に結びついているようです。


 ちなみに「めいぷるん」は弊社のマスコットでバスの運転手に憧れる鹿の姿をした妖精で社内外の様々な場面に登場してくれています。毎月発行している社内誌「バスだより」においても、毎号裏表紙に「めいぷるんの健康通信」と題して、JR西日本のグループ会社であるポシブル医科学㈱に依頼し、運動・食事・睡眠等の生活習慣改善ページを掲載しています。すぐに取り組みやすい身近な内容が好評のコーナーです。


 これからも中国ジェイアールバスは働くすべての従業員が明るく元気よく、笑顔いっぱいで健康で仕事ができるよう、健康づくりに取り組んでまいります。

JR健保から


 平成29年から健康経営度調査への回答を開始され、今回は2年連続となる健康経営優良法人に認定されるなど、JR健保のバス会社事業主の中で、健康経営の取り組みの先頭に立っていただいています。バス会社特有の健康課題もある中で、健康経営宣言にあるとおり「会社・労働組合・従業員とその家族」が一体となって取り組む健康づくりに、JR健保としてもしっかり連携していきたいと思います。