お問い合わせはこちら

ホームさわやかけんぽ記事一覧JR東海の健康経営~健康経営優良法人のご紹介~

JR東海の健康経営~健康経営優良法人のご紹介~

公開日:2021/05/12
更新日:2021/06/22

 2021年度の「健康経営優良法人 ホワイト500」に認定されたJR東海より、自社における健康経営の取り組みについて寄稿していただきました。

JR東海の健康経営

 JR東海では、社員一人ひとりがその持てる力を最大限発揮することが、経営理念に示す「日本の大動脈と社会基盤の発展に貢献する」という使命を担うために大切であると考えています。そして、その基盤となる「心身の健康の保持・増進」を図るため、健康施策の全体方針である「健康づくり指針」を制定し、健康経営を積極的に推進しています。
 推進体制としては、人事担当役員をトップに、人事部、直営医療機関である名古屋セントラル病院、産業保健部門である健康管理センターが連携しており、さらに各職場では健康推進担当者を指定し、当社社員の健康課題等を共有する会議・研修を実施しています。

数値目標(運動習慣・喫煙率)

 近年では、メンタルヘルス不調や生活習慣病を未然に防止する観点から、心身不調との相関性が高い「運動習慣」と「喫煙率」の改善に力を入れており、令和元年10月には、令和5年度までの数値目標を設定しました。これは、疾病のハイリスク者やその予備群になってから支援を行うのではなく、リスクを抱えるもっと前の段階で取組みを行って病気を未然防止する、という「ポピュレーション・アプローチ」の考え方に基づくものです。

取組み目標(~令和5年度)
運動習慣 1日平均8,000歩以上歩く社員を50%以上とする
喫煙率 喫煙者数を現状から25%減らす

運動習慣~「みんなで歩活」の活用~

 目標達成への支援策として、運動習慣については、「みんなで歩活」を積極的に活用しています。当社独自のインセンティブを設定し、社内での広報にも注力した結果、令和2年度秋のイベントでは、全社員の7割にあたる約14,000名強の参加が得られました。

運動習慣~オンラインフィットネスアプリ「BeatFit」の活用~

 また、令和2年秋からは、オンラインフィットネスアプリ「BeatFit」の活用も始めています。これは、ストレッチ・ヨガ・ボクササイズ・マインドフルネス・睡眠等、全11ジャンルにわたる700以上のクラスがオンライン受講できるアプリで、社員全員、無料で利用可能としています。ウォーキングのクラスもあるため、「みんなで歩活」と組み合わせた使い方を社員へ提案している他、当社独自の期間限定イベントもアプリ上で定期的に開催し、運動習慣のきっかけ作りを進めています。


禁煙支援


 喫煙室の集約や定期的な環境評価などの物理的な対策に加え、社内の健康管理センター医療職を中心に、新たな喫煙者を作らない「防煙」の取組みや、禁煙講話、社内禁煙相談窓口の設置などを行っている他、「禁煙サポートプログラム」の活用も積極的に呼び掛けており、直近では「オンライン禁煙コース」の利用が増えています。

「健康経営優良法人2021(大規模法人部門(ホワイト500))」の認定


 令和3年3月には、「健康経営優良法人2021(大規模法人部門(ホワイト500))」の認定を、2年連続で受けました。
 今後も、社員がいきいきと働くための仕組みづくりを通して、社員・職場の自発的な健康増進の支援に努めながら、健康経営を推進していきます。

JR健保から


 いつも会社をあげて「みんなで歩活」を盛り上げていただきありがとうございます。2年連続で「ホワイト500」に認定されるなど、健康経営のトップランナーとして、ジェイアールグループ健康保険組合全体も牽引していただいています。
 特に、健康経営の推進体制が盤石でその社内外への広報も素晴らしいと思います。ぜひ、JR東海健康管理センターのHP(健康経営への取り組み)もご覧ください。